トップページ > 生化学的検査> AST(GOT) ALT(GPT) γ-GTP

AST(GOT) ALT(GPT) γ-GTP

●肝臓障害を疑う

ASTはアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼという酵素の略号で、GOT(グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ)とも呼ばれます。
この酵素はアミノ酸の代謝にかかわり、心臓、肝臓、筋肉をはじめ、ほとんどの臓器・組織・細胞に存在しています。もしも外傷や細菌・ウイルスなどの感染で組織が破壊されると、細胞中の酵素が血液中に漏れ出します。そこで、血液中のASTを測定して組織・細胞の傷害を診断するのです。

ALTとはアラニンアミノトランスフェラーゼという酵素の略称で、かつてはGPT(グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ)と呼ばれていました。 この酵素はアミノ酸の代謝を司る酵素で、主に肝臓に多く含まれます。
肝臓の細胞がウイルス感染や薬物、あるいはがんなどのために破壊されると、血液中に漏れ出てきます。血液中のALT濃度を測定すると、肝細胞に傷害があるかどうか、ある場合はどの程度かが分かるわけです。 肝機能検査として、検診や人間ドックでは必ずと言ってよいほど、検査される重要な項目です。

γ―GTPは、γ―グルタミルトランスペプチダーゼという酵素の略称です。肝臓が傷害を受けると肝臓の細胞に多く含まれる種々の酵素が異常値になります。よく知られている酵素がこのγ―グルタミルトランスペプチダーゼ(γ―GTP)です。
γ―GTPは、アルコールや薬物を服用していると産生が誘導され、肝臓から胆道に排出されます。そして肝臓の細胞から血液中に漏れ出て、血液検査で高値になってしまうのです。飲酒したり精神安定薬などの薬物を服用していると高値になります。
このほか急性肝炎、慢性肝炎、脂肪肝、肝硬変、閉塞性黄疸などでも高くなります。基準値は男性だと10〜50IU/l、女性で6〜32IU/lです。

AST(GOT),ALT(GPT),γ-GTPとは、いずれも蛋白質を構成するアミノ酸を作る酵素の略称で、下記のそれぞれの臓器に多く含まれています。
AST(GOT):心筋、肝臓、骨格筋、腎臓
ALT(GPT):肝臓、腎臓
γ-GTP:腎臓、すい臓、肝臓


『参考』:「インターフェロン」とは??
ウイルスに感染したときに体内で作られる蛋白質の一種です。
白血球やリンパ球などで作られる物質で、ウイルスの増加を抑える働きがあります。
しかし、体の中で作られるインターフェロンだけではウイルスを死滅させることができない場合があるため、人工のインターフェロンを投与して治療を施します。

●AST(GOT) ALT(GPT) γ-GTP検査で何がわかるの?

肝臓障害の程度や種類がわかります。また、心筋、骨格筋、胆道系の障害もわかります。

AST(GOT) ALT(GPT) γ-GTPの検査値 基準値 高値 低値

血中ASTは、ウイルス性肝炎やアルコール障害など肝臓病、心筋梗塞(こうそく)など心臓病、筋炎など筋肉疾患などで上昇します。同時にALTという酵素を測定すると、肝臓病ではASTもALTも高くなりますが、心筋梗塞や筋炎ではALTは高くなりません。

ALTが高値になるのは、肝臓の細胞が破壊されるような病気の場合で、急性ウイルス性肝炎、慢性ウイルス性肝炎、薬物性肝炎、アルコール性肝炎、肝硬変、肝臓がん、胆石症などです。
なお、軽度の高値はしばしば脂肪肝で見られます。肥満があり、他には何の異常もない場合には脂肪肝の可能性があります。 過食や過剰の飲酒を避けて適度な運動を励行し、体重の管理に心がけるとよいでしょう。

γ―GTPが高値の要因はアルコールの飲み過ぎと、太りすぎによる脂肪肝が原因として考えられます。
γ―GTPが高値の方は、まずアルコールを控え、「休肝日」を設けるようにしましょう。
食べ過ぎないようにし、適度な運動で減量するよう心がけるとも大切です。
また、ゴマに含まれるセサミンは悪酔いや二日酔いを防ぎ、肝臓を守ってくれますので、飲酒の機会が多い方は積極的な摂取をおすすめします。

こうした努力を続ければ肝臓の働きが回復し、γ―GTPが正常に戻るといわれています。

上記3つの検査は、肝機能の代表的な検査項目で、AST(GOT),ALT(GPT)のいずれかが中等度基準外となった場合は、インターフェロン療法が必要となります。


●AST(GOT) ALT(GPT) γ-GTP検査で疑われる疾患

【AST(GOT),ALT(GPT)】急性肝炎、アルコール性肝障害
【AST(GOT)<ALT(GPT)】慢性肝炎、脂肪肝
【AST(GOT)>ALT(GPT)】肝硬変、肝がん、心筋梗塞、筋ジストロフィー
【γ-GTP】アルコール性肝障害、急性肝炎、肝がん、肝管がん




>生化学的検査 項目へ 戻る



●本日の注目情報!!
21秒に1本売れている?「国際特許の育毛剤!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
話を聞いてみると、どうやら、3種類以上の育毛剤を試したことがある人に
売れているらしい…。私もダメもとで実際に試してみたら…「お、おぉっ!!」
【URL】http://529270.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク