トップページ > 血液一般および血清検査> HBs抗原・抗体 HCV抗体

HBs抗原・抗体 HCV抗体

●B型肝炎、C型肝炎のウイルス感染を調べる

HBs抗原はB型肝炎ウイルスの構成の一部です。
B型肝炎ウイルスが体内に入ると、このウイルスの抗原を攻撃するために血清中に抗体ができますが、ウイルスが肝細胞に結びつきますので、肝細胞が破壊されてしまい、肝炎になります。

抗原が陽性で抗体が陰性の場合は、肝細胞は破壊されないので、肝炎が発病しないこともあります(無症候キャリアといいます)。
また、C型肝炎ウイルスに感染すると、HCV抗体ができます。


●HBs抗原・抗体 HCV抗体検査で何がわかるの?

HBs抗原・抗体はB型肝炎、HCV抗体はC型肝炎のウイルスの感染がわかります。

HBs抗原・抗体 HCV抗体の検査値 HBs抗原 HBs抗体 HCV抗体 基準 陰性 基準外 陽性

●CHBs抗原・抗体 HCV抗体検査で疑われる疾患

B型・C型肝炎(急性・慢性)
肝硬変、肝がん


『参考』
肝炎には、A、B、C、E、G型のウイルスがあります。特に注意しなければならないのは、血液や体液によって感染するB型、C型です。

>血液一般および血清検査 項目へ 戻る



●本日の注目情報!!
21秒に1本売れている?「国際特許の育毛剤!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
話を聞いてみると、どうやら、3種類以上の育毛剤を試したことがある人に
売れているらしい…。私もダメもとで実際に試してみたら…「お、おぉっ!!」
【URL】http://529270.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク